「悩む力=生きる力」~適切に悩むことはマインドフルに生きている証

「悩む力」を育むことの大切さ

「お悩み上手」は
自分の心と身体の「味わい上手」

自分が困っていることに対して、
しっかり悩めるというのも
生きる力だなと思います。
建設的に悩めるオープンマインドさ、
これからの社会にとても大切なことと思いました。

力強く生きることを求められると
=悩むことも許されない雰囲気にのまれ
日々をやり過ごすために
悩んでないフリをしてしまうこともあるかもしれません。
もしかしたら・・・特に
ニッポン男児はそういう苦しさもあるのかなと
改めて感じました。

今日お越しいただいた大分からお越しの
ル~さん(ニックネーム)は
適切に悩む力バツグン。
すなわち、それこそが
自分をそのまま味わう力=マインドフル力ですね。

適切に悩む力、それこそ「生きる力」だなと。
セッション後のはつらつとしたその姿に
ルーさんの生命力を感じましたね!

これまで一生懸命に貯金箱貯めるように頑張ってきたけど
そもそも心のタンクは既に満たされていて
何があっても減りもしないことを発見したそうです。

悩んだって、困っていたって
いいんです。

これからの社会、
男性も女性も
建設的に悩む力が大事かも。

今日も元気にセミの声♪
糸島の自然にも、人間にも
生命力みなぎる夏の日の午後でした。

お悩み力育みたい方♬(笑)
男性も女性も「ストレスケアプログラム」

メンタルヘルス/ストレスケアプログラム 

★FACEBOOKをフォローするにはこちら

インド首相賞を受賞♪~世界的に評価高まるヨーガ療法~

癒しの隠れ家のプログラムとして
導入している「ヨーガセラピー」(ヨーガ療法)♪

私自身も学びを続け、
所属先でもある
「日本ヨーガ療法学会」(日本ヨーガニケタン)が
このたびインドのモディ首相より
ヨーガの普及・発展に貢献したとして
「インド首相賞」(Indian Prime Minister’s Award 2019)を受賞しました。

日本ヨーガニケタンHP
https://www.yoganiketan.jp/award.html

私自身、「生き方を整えるヨーガ」として
未病ケア、より高いウェルネスを目指すことはもちろん
医療、福祉の治療や支援の現場でも実践する機会を通じて
可能性を感じています。

<「生き方を整える」ヨーガセラピーはこちらにて↓>

♡心理カウンセリング(ダルシャナ)と併せたプライベートプログラム

ヨーガダルシャナ(個別カウンセリング)+ヨーガセラピー

♡気軽にお試しいただけるグループレッスン

Group Programのご案内

★FACEBOOKをフォローするにはこちら

心のケアももっと身近に♪気軽に♪かつ専門的に♬

癒しの隠れ家では心のケアも
体のケアと同じように専門的に行っています。

「肩こり」「腰痛」のようにカラダの不定愁訴は言いやすいけど
「ストレス」や「心」の困りごとは言いにくいな…

と抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。

しかし日々の生活の中で、気分が落ち込んだり、
気持ちが休まらなかったり、納得できない事にに翻弄されたり、
良かれと思ってやった事が空回りしたり、
モヤモヤや苛立ちを覚えたりすることはありませんか?

ストレスには
「頑張るストレス」「我慢するストレス」があると言われています。
アクセル踏んでも踏んでも、辿り着けない感じ
(→頑張るストレス)
いつも心にブレーキをかけて本当の自分を押し殺している感じ
(→我慢ストレス)
色々ありますよね。

ここでは出来事や環境に影響を受けやすい繊細なココロを共に観察、
味わいながらご自身の内側の透明な心を思い出し、
自分らしさを甦らせていくプロセスをお手伝いしていきます。

インドの精神分析医のSwami Prajnanpadは
「変化」についてこう語ります。

「変化とは、見えていたものが見えなくなり、
見えなかったものが見えるようになっただけ。
それを変化と言う。蝶もその昔は毛虫。
毛虫にそもそもあったものが蝶というカタチをとっているだけにすぎない。」

― 蝶にならないと自分になれないわけではないのです。

すなわちカウンセリングでは、
違う自分になることが変化なのではなく
本当の自分に気づき、本来の自分に留まれるように
生き方を整えていきます。

本来の自分と出会うことが、真の変化なのです。
どんな自分がここに居ても大丈夫♡と、
そもそもの自分を見つけ、大切にしていくセラピーです。

ヨーガや施術と組み合わせたストレスケアプログラム

メンタルヘルス/ストレスケアプログラム 

もしくは、カウンセリングのみのご希望も承っております。

★FACEBOOKをフォローするにはこちら