インストラクター/セラピスト紹介

LUCY /茂貫尚子(もぬき・たかこ)
■スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(インド) 認定ヨーガ療法士(ヨーガセラピスト)
■スタジオLIEN RYT200(全米ヨガアライアンス)ヨガインストラクター養成コース講師
■九州大学大学院 人間環境学府 実践臨床心理学 修士(専門職)課程 卒

ヨーガを心のケアを目的に心理療法の一つとして取り入れているヨーガ療法士です。
思春期を米国アリゾナ州で過ごし、異なる文化と自然環境での生活から人とコミュニケーションすること、心身を開放する力を持つスポーツを通じたコミュニケーションに関心を持つ。上智大学文学部 新聞学科卒業後は世界のトップアスリートのマネージメント会社に勤務し、自分らしく生きる選手らの姿から心身の健やかさについて学ぶ。

さらに20代に顔面神経麻痺を発症し自分の心と身体の責任は自分自身であることに気づきメンタルヘルスやヨーガについて学び始める。身体だけでなく「生き方を整える」ヨーガやアーユルヴェーダの考え方に魅了されインドにてアーユルヴェーダ医師宅に住み込みながら学び、さらに医療や福祉領域での心理療法としてのヨーガの可能性を感じ心身症などのストレス疾患などをケアするヨーガ・セラピー(ヨーガ療法)を学ぶ。2012年ハウステンボス内にオープンした日本初のヘルスケアリゾートTHE SOARAではプログラムマネージャーとして断食やデトックス等のヘルスツーリズムプログラムの構築やセラピストとしてお客様の目的や体調に合わせたヨーガ指導、カウンセリング、運動指導などのコンサルテーション業務を5年間にわたり1000名以上担当する。

現在は心理臨床の専門性を高めるため九州大学大学院にて心理臨床のトレーニングを経て、心から身体へ、身体から心へ、双方のアプローチによる健康づくりを福祉・医療現場や企業にて実践している。
心の病気予防、健康維持&促進へ向かうための「心の未病ケア」、及び発達障害のお子さんに向けたヨーガを研究テーマに取り組んでいる。